読書

【書評】100万回シェアされるコピー: いますぐ使えるウェブコピー「4つのルール」

100万回シェアされるコピー: いますぐ使えるウェブコピー「4つのルール」

こんにちは、おじゃが(@ojyaga)です。

なんだか『100万回生きたねこ』みたいなタイトルの本。

帯に文章に心惹かれて購入しました。これぞコピーライターの力…!

コピーライターは猫に勝てるか?
一流コピーライターでも、
有名ディレクターでも、
人気タレントでも、
素人の撮った猫の動画に再生数で勝てない。
そんなウェブの世界でどんなコピーや企画がヒットするのか?
答えはこの本の中にあります。

コピーライターは猫に勝てるか?

この一文で僕は購入を決めました(笑)

ブログもTwitterInstagramもやっているからにはバズってみたい!ということで本書を読んで勉強です!

本の紹介

著者:橋口幸生_コピーライター(@yukio8494)さん | Twitter

この本の目的について、P.8から引用します。

コピーライターはもちろん、職場のソーシャルメディア・アカウントの運用担当者、または単純にリツイートやいいね!が欲しい人まで。ウェブの普及した今日の社会で言葉を発信する人なら誰でも「4つのルール」を知っておくことで、反響が目に見えてちがってくると思います。直接、自分で言葉を発信しない人にとっても、バズと炎上の肌感覚をつかむために、きっと役に立つはずです。

何事もうまくいく法則があるように、コピーにも法則があるとのこと!

本書はその4つのルールについて具体的な例を使って説明しています。

画像もたっぷり&カラーでわかりやすい。

4つのルールとは

4つのルールとは…

  1. 本音
  2. 驚き
  3. 共感
  4. 反感

本書に詳しくかいていますが、電通報にも触りが書いてありますので、気になる方はまずこちらをどうぞ。

ソーシャルメディアはリア充空間なので、本音が目立つとのこと。

確かに…!

コピーをつくった人の体温を感じるというか、感情が伝わるというか…揺さぶられますよね。

例で取り上げられている、各コピーめっちゃかっこいいのですよ。

かっこよすぎて嫉妬するレベル。精進します☆

良いコピーとは?

著者の橋口さんも若かりし頃は、コピーを書いては書いては結果に繋がっていなかったそうです。

そんなとき、橋口さんの師匠でるコピーライターの磯島拓矢さんがこう教えてくれたそうです。

「良いコピーには『共感と発見』が必ずある」

個人の好き嫌いを超えて、人の心を動かす…!

では、共感をどうやって織り込むのか…?

想像力を働かせる。

この一言に尽きるそうです。

ブログを書くときにも、PCと向かっているだけでなく、人と話したり外を歩いて想像力を磨くといいのかもしれませんね。

人は人で磨かれると言いますし。

まとめ

ネコ好きは買おう

広告に携わっている人は当然なのですが、僕と同じようにブログを書いている人にもおすすめ!

記事タイトルだって立派なコピー!

ブログはタイトルが大事なので、4つのルールをつかって書けば、あっという間に人気ブログに!?
(本書では炎上しない方法も書いてまっせ!)

まずは本音をさらけ出していきます!!

ではでは。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください