仕事

【まとめ】LINEスタンプを販売するまでの注意すべきポイント、やるべき作業など

LINEスタンプ販売までの作業

こんにちは、おじゃが(@ojyaga)です。

2018年は3つのLINEスタンプを作成・販売しました。

はじめての作業だったので結構大変でしたよ…。

これからLINEスタンプを作成&販売していこうと考えている人に向けてLINEスタンプ販売までに必要な作業をまとめます。

素材を用意する

必要な数とサイズ

必要数サイズ
メイン画像1個W 240 × H 240
スタンプ画像8個/16個/24個/32個/40個W 370 × H 320 (最大)
トークルーム
タブ画像
1個W 96 × H 74

スタンプ画像は最低8個あれば、LINEスタンプを販売することは可能です。

しかし、有料でスタンプ数が8個だと少しさびしい…。
24個ぐらいあるとユーザも嬉しいのではないでしょうか。

LINEスタンプの素材作成

iPad+Apple Pencilなどで描く

最新のiPadであれば、筆圧を感知できるApple Pencilを使用できます。

色塗りも操作も簡単、かつ準備のコストも低め。

LINEスタンプの売上でのみコストを回収するぜ!と目論んでいる方は、後述のLINEスタンプ販売の利益の項目をご覧ください…!

この画像はiPad+Apple Pencilで描いたものです。(おじゃが妻作)

妻曰く、さくっと画面開いて描けるっていいね!とのこと。

iPad Pro でなくてもOK!

 

 

LINE Creators Studioアプリで画像作成

LINEスタンプはパソコンがないかたでも作成・申請が可能です。(ただし、パソコンのほうが操作しやすいです)

スマホで頑張りたい方はLINE Creators Studioで。

外部発注

自分で画像をつくらず、外部に依頼するのもアリです。

有名なところだと、ココナラで可能です。

素材を書いてもらうときの価格も事前に分かるので、自分の画力に自信がない方、描く時間が惜しい方には外注がおすすめです☆

申請が通らない、NGスタンプ

スタンプ画像を作成する前に、ちゃんとガイドラインを読んでおきましょう。

LINEの申請チェック担当者はちゃんと見ているようです。

背景透過処理は必須

LINEスタンプとして申請する際、画像を背景を透過にしなければならないのです。

僕はPhotoshopで背景透過の作業をやりました。さくさくです。

この作業、スマホだと厳しいかもしれませんね…。

一応、WEBサービスで背景透過ができるものがあります。試してみてください。

Peaceful-OK背景透過処理を行う際、気をつけるのが文字

例えば、「OK」という文字をスタンプ内に入れている場合は…

「O(オー)」の中を透過させる必要があります。(透過させておかないと目立ちます)

 

また、最近はチャットアプリでは「ダークモード」を使うシーンが増えてきたので、画像の回りを白縁にするか、回りの縁は黒色ではなく紺色を使う、などの工夫をしたほうがいいですよ☆

メイン画像・トークルームタブ画像を用意

LINEスタンプの顔となる、メイン画像とトークルームタブ画像。

今回、僕はスタンプ画像をリサイズして用意しました。

ファイル名の設定

メイン画像=main.png

トークルーム画像=tab.png

スタンプ画像=01.png(連番。ゼロ付きで)

各画像を申請する際にはこの名前でなければならないのです。

申請する

クリエイターの登録

諸々入力していきます。

おじゃが
おじゃが
(どきどき)

テキスト情報と画像の登録

スタンプ名やスタンプの説明などを書いたり、画像ファイルをアップロードし、その画像に合う感情(OKやNG、爆笑など)を選んだり(※これは任意)します。

説明書きは英語と日本語の2種類書きます。英語が苦手な方は…Google翻訳でカバーしましょうw

画像の著作権を証明する「ライセンス証明」の項目は任意入力となっていますが、ちゃっと書きましょう。でないと、指摘受ける可能性大です。

申請する

ぽちっと申請!

昔は数ヶ月待つことになったそうですが、最近は早くなったようで2週間くらいで申請結果が届きます。

1発OKであれば嬉しいのですが、僕はライセンス証明で苦戦しました…orz

指摘があれば対応して再申請

背景透過がなっていないよーや、ガイドラインに沿ってないよー、その画像はこれだよーと指摘してくれます。

LINEの中の人も大変です。

僕が苦戦した、ライセンス証明。

今回、画像はイラストレーターさんに依頼し、著作権ごとイラストを購入しました。

その旨のやり取りを証明できるものを用意(例:チャットワークの画面キャプチャ)してやっと合格頂きました☆

おじゃが
おじゃが
スタンプ公開後に問題とならないようにLINE側も考慮している模様

販売開始する

審査OKという通知(メール)がきたなら、いつでも販売開始となります。
(販売開始するかどうかはLINEクリエイターのマイページ、アイテム管理で設定します)

…審査OKの通知はまとめて送られるそうなので、「よっしゃ!審査OK!!!」と勢いで販売開始すると、ライバルたちも一斉に販売開始するので自分のものは埋もれてしまう。

それゆえに、ユーザーが自分のスタンプに気づきやすい時間帯を狙おう☆とLINEスタンプ関連の本に書いていました。

深夜に販売開始されても気付かないですよね…

おじゃが
おじゃが
我慢できないね!ヒャッハー販売開始だ!

販売開始してから約1時間ほどでLINE STORE URLが発行されます。

LINE STORE URLが発行されましたら、ブログなどで宣伝できます。

気になるスタンプ販売の利益は!?

LINEスタンプを販売する目的は大きく分けて3種類と思われます。

  1. 宣伝目的でLINEスタンプを作成・販売する
  2. 利益目的でLINEスタンプを作成・販売する
  3. 純粋に楽しいからLINEスタンプを作成・販売する

僕は①②。

自分の売り物があるって嬉しいんですよ~~~~!

売上はマイページの売上レポートで確認することができます。

気になる販売利益は…!?

 

 

120円で販売した場合…

LINEアプリ内スタンプショップで購入された場合(=50コイン購入)

→分配金円:31円

LINE STOREで購入された場合

分配金円:42円

分配金は35%!!!!

 

LINEスタンプ長者への道のりは厳しそうです…涙

「LINE」というプラットフォーム、いわばインフラを押さえている側は強いな~と感じています。

また、世の中すでに魅力的なスタンプがたくさんあります。

自分のスタンプが順調に売れるためには、スタンプの魅力(使いやすさ含め)や自身の発信力が大事!

まとめ

画像の準備さえできてしまえば、申請はさくっとできます。

基本情報はLINEのガイドラインに書いているし、再申請が必要な理由は通知メッセージに書いてあります。

利益の項目で書きましたが、利益のみを目的にLINEスタンプ作成&販売をやると心が折れますw

LINEの利用者は日本国内だけで7500万人!(参照:【2018年6月更新】人気SNSの国内&世界のユーザー数まとめ(Facebook、Twitter、Instagram、LINE)

目先の利益だけでなく、広告を考えたら、十分にペイできると思いませんか?
(まずはスタンプを購入してもらうのが前提ですが)

あなたもLINEスタンプ作成、販売にチャレンジしてみてください☆

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください